歯の治療

子供を治療中

最近では歯科の治療としてインプラントという治療方法を良く耳にするようになりました。
インプラントとはどのような治療をいうのでしょうか。
インプラントとは虫歯や歯周病や不慮の事故などで歯を失った人に歯を入れる治療のことをいいます。
失った歯の部分にインプラントという人工歯根を埋め込めて、歯本来の機能や見た目を取り戻す治療方法のことをいいます。
インプラントはチタン製でそれを顎骨内にいれて骨との結合を待ったのちに被せものをしていきます。
この方法は他の治療法のブリッジや入れ歯よりも優れているというデータもあります。
またこの治療法は歯茎を切ってあごの骨に触る外科的な手術を行うため、カウンセリングや診断や治療に時間をかけるといった特徴もあります。

歯科治療におけるインプラント治療の概要は先にも述べたとおりですが、この治療を受ける前には従来の治療法である入れ歯やブリッジと比較してのメリットとデメリットをあらかじめ知っておいてから治療を受けるかどうかを決める方が良いでしょう。
まずメリットとしては、よく噛めることが挙げられます。
また隣の歯を削ったり留め金をかけることがないので負担をかけずに治療を行うことが出来ます。
そして10年後の治療成績は他の治療法よりも良いというデータがあります。
このように長期的な視点で見るとインプラントは優れた治療法といえるかもしれません。
逆にデメリットとしては、保険がきかないので高額な治療費になります。
またインプラントが顎の骨に結合するのを待たなくてはならず治療に時間がかかることです。
費用については事前に相談し見積書をチェックしましょう。